なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『古代の朱』(20050107)
『古代の朱』松田 寿男
ちくま学芸文庫/筑摩書房 2005年1月
1050円 ISBN:4480089004
bk1 Amazon 楽天ブックス
| 折原偲 | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) |
『1688年バロックの世界史像』(20041012)
1688年バロックの世界史像ジョン・E.ウィルズ・Jr/別宮貞徳訳
(四六判)/原書房 2004年9月
2940円 ISBN:4562037903
bk1 Amazon 楽天ブックス

ぼつぼつ読み進み中。世界史を1688年という時間軸で横断する試みなのだが、その一年に起こったことを記すにとどまらず、そのような状況にどのように至ったかを解説してある。
いや訳すも大変な労力だったと思われる。まして原著者においておや。
さて、導入部はメキシコだ。ヒエロニムス修道会の修道女でありながら文名を恣にしたクレオールの女性の話から、はじまっている。なぜそのような、スペイン本土さながらの文筆家が当時の植民地に生まれたか、その土壌としての支配階級の実態や、銀山からの収奪の実相が解き明かされる。うむ、圧巻。(20041027)
| 折原偲 | 歴史 | comments(0) | trackbacks(0) |