なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
こねこカレンダー Cat Naps 2009 Calendar

評価:
---
Sellers Publishing
¥ 803
(2008-07)
コメント:一年を通じてカワイイ仔猫の寝姿が楽しめる、癒し系カレンダー。 ていうか気持ちよさそうで見てるこっちも眠く。。。ZZZ
  書店さんなどでは専用棚ができていて、ずらりと並んでますが、まだ早い気もするし、と思ってるなら、まずコレだ(笑。
 猫は寝子というくらいで、まあ猫の仲間の肉食獣ってたいていそうなんですけど、ゴハンと安全が確保できると、実によく寝ます。ウチのなんか一日20時間以上寝てます(笑)。
 まあ、大人の猫が何しててもカワイイってのは、よほどのマニアか、猫飼いなので。
 ふつうに猫の好きな人、かわいい存在が好きなひとにお薦めといえば仔猫でしょう。
 寝姿ばかりのカレンダーってどうよ、と、思わなくはないけど、これがカワイイんだ。
 近所の書店で見て、瞬間、射抜かれた感じなんですが、もう自宅用には岩合光昭さんの猫カレンダーを買ってしまったので(卓上まで!<バカですな自分。猫バカ)、こちらで紹介。というかメモ。

 なんかこう、きゅーっと奇声をあげたくなるような。ほわほわぬくぬくが伝わってくるカレンダーです。
 プレゼントにもいいかも。

JUGEMテーマ:ペット

| 折原偲 | | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館ねこ デューイ ―町を幸せにしたトラねこの物語
 久しぶりにハードカバーを買った。
 理由? そりゃ図書館じゃ待ちきれないと思ったからだ。

 アイオワ州スペンサーで、その冬いちばんの冷えこみになった朝、町立図書館の返却ボックスのなかで鳴いていた仔猫が、図書館で飼われ、職員や来館者だけじゃない、世界規模のアイドルになったなんて、猫好きとしては読まずにいられようか。

 午前中に配達があって、その日の夕方には読み終わっていた。

 なんというか、図書館猫デューイの話なんだけど、デューイの猫っぷりに終始した、いわゆる猫本ではないのだ。
 もちろん、かわいい、かしこい、時には可笑しい猫らしさが十二分に書かれていて、猫好きなら何度もニヤニヤすること間違いない。
 しかしデューイは図書館猫であると同時に、図書館の館長にして、第一の飼い主と言うべき著者の、人生中盤の伴走者だった。
 デューイをみとったあとも変わりなく日々を過ごしても、重苦しく胸に迫るペットロスの悲しみと向かい合うために書かれた、著者の半生記の色彩が強い。著者の体験と辛苦は、しばしば女性であることの不幸に傾き、切実に訴えかけてきます。
 しかし、うちひしがれ世界の片隅に我ひとりと感じる瞬間、寄り添ってくれる温かな存在の好ましさは状況を書き込んだうえで語らないと、伝わらないものかもしれないな、とは思いました。『民子』クラスは別ですけどね。
 その不在と向き合うには、かれの助けで凌いできた辛かった状況や、できごとと、もういちど向かい合わなくてはなりません。状況を作り出した原因をどんどん遡っていけば、半生をそのまま書いてしまうことになるのですが。著者自身にとっては、これだけ全部書くことが必要だったんでしょう。
 ものを書くことはセラピーにもなる、読者という他者の目を意識することで、体験が対象化されるからだ、とは、忘れもしない、中島梓『小説道場』で読んだのですが。 自分史というか体験談だと対象化の距離が、すごく近く感じられます。著者の辛さの細部に実感がわかないと、いわゆる苦労話として流して、猫のことだけ読めるかもしれません。しかし共感するほど近い位置(性別とか年齢とかペットロス体験)にいると、悲しい、辛いという訴えが響きすぎるかもしれない。猫好きに薦めるんでも、相手の状態を見極めたほうがいいです。マジで。

 でもさ。
 ほんとに、デューイはなんていい猫だ、18年も一緒にいてくれたなんて。
 これを読むたびきっと涙出そうになると思うので、サクッと売るの決定。どこかで見ず知らずの猫好きを泣かすといいさ。

JUGEMテーマ:読書



評価:
ヴィッキー・マイロン
早川書房
¥ 1,600
(2008-10-10)
コメント:図書館で飼われていたデューイの猫本というよりは……ペットロスに向かい合った第一飼い主にして著者の自分史、というべきか。苦難をのりこえた著者の、デューイとのパートナーシップは素晴らしい。人前では読まないことをお薦めする。涙出そうになるから。
| 折原偲 | | comments(1) | trackbacks(1) |
今日は2戦目なので。
朝からそわそわ。いやサイタマ在住ですので、ゴーゴーレッズな感じで。
いやテレビ埼玉に、そういう番組があるんですけどもさ。直前てことで、選手にインタビューに行ってたわけで。

んでアルパイ選手が出てきて。ちょっといいなと思ってじっと観てると(<立ち姿がタイプらしいです)。
どちらのチームも勝ちたいだろうけど、優勝カップはひとつしかないから、とか字幕には出てたんですよ。
ふぅんと思って目をそらした瞬間。

「いま、ワン・カップって言わなかった?」「……うん。」

いや英語圏の人じゃないとは思うけど。それじゃ大関……orz.....

20041211
お口直しに猫写真でもドゾー。
ソファのクッションのつぎめにハマるの好きらしいので、腹出しにしてみました(笑。
目つきが。ちょっとあやしい。
もういっちょ、古いのをアルバムに貼っときました。よかったらどぞ。
| 折原偲 | | comments(0) | trackbacks(0) |
『77のしぐさでわかる猫の気持ち』
77のしぐさでわかる猫の気持ちライフサポート・ネットワーク編著
幻冬舎文庫/幻冬舎 2004年1月
520円 ISBN:4344404807
bk1 Amazon 楽天ブックス
初めて猫を飼うひとには好適かも。ごく実際的な猫との付き合いかたを短いコラムにまとめてあるのだ。そうそう、こうするよねとニヤニヤしつつ実際の猫飼いでも驚くところありで、いや、なかなか。
楽天の再入荷リストも時には覗いてみるもんだ。
| 折原偲 | | comments(0) | trackbacks(0) |