なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年10月東京創元社新刊。 | main | 「王の帰還」サントラ完全版が >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『さよなら僕の夏』
 『たんぽぽのお酒』と言われて、なんとなく思い出す人は意外と多いのだと思う。レイ・ブラッドベリの青春文学の名作と言われる。リンクは短編を再構成して長編化された〈文学のおくりもの〉版だが。
 このたび、その続編が訳出されたんだという。それが『さよなら僕の夏』である。
 書影がまだないので原書(マスマーケット版。来月発売予定)なんか。
Farewell Summer
Farewell Summer
Ray Bradbury

 ハードカバーの刊行が去年なのに驚くんですけど、これ再版じゃなくて、ほんとに去年出たものなんだそうです。なんと50年間、手元において改稿しつづけたんだそうで。

 50年だよ50年。想像できませんが(汗。
 それ買う前にまず『たんぽぽのお酒』を読まないとアカンですな。ったく、忘れています(汗。

たんぽぽのお酒 (ベスト版文学のおくりもの)
『たんぽぽのお酒』 (ベスト版文学のおくりもの)
レイ ブラッドベリ
| 折原偲 | 新刊チェック | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/166