なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 指輪カレンダーあれこれ | main | 『ライトノベル☆めった斬り!』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
「シークレット・ウィンドウ」スペシャルテンプレート記念(笑
いや観に行ったのは先月半ばなんですけどね。うん、もう一ヶ月早ければなあ(笑)>スペシャルテンプレート
お台場のメディアージュなど、ムーブオーバーで週末から公開の映画館ありです。

人気ミステリ作家モート・レイナーは仕事にいきづまり、人里離れた湖畔の別荘でひとり怠惰な日々を送っていた。破れたローブをまとい、話しかけるといえば愛犬だけ。
そんな彼の前に、ある日突然、脅迫者が現れる。
「おれの小説を盗んだだろう」
いや訛のスゴいそいつの話を聞いてるとなんかヘンだなと思うんだけど。モートは怯えはじめる。
またそのその怯えに引き込まれるのだ。
捨てたタイプ原稿を本と照らし合わせて、ほとんど違いがなかったら、ふつうは「こいつ本見てタイプしたな」と思うんじゃないかとか、かすかに感じるツッコミを棚上げしてしまうほどに。
脅迫者が常軌を逸して自信に満ちているのも、別れた妻や友人の探偵が、またかという態度を見せるのも、その助けにはなっているのだが。
郵便局の窓口嬢に「かわいい」と言わせてしまうのは、ほんとにモートがキュート、なのではなく、嗜虐心をそそるようなおびえっぷりも大きいのではなかろうか。
愛犬は殺され始終監視され、さりとてなにかする気力もなく、モートは頻繁に眠りにひきこまれる。
いやその不健康な食生活のせいもあるとおもうけど、とかいうツッコミはおいといて。
おびえきった男の日常のささいな描写を重ね、その中に恐怖の源と、錯誤を混ぜ込む展開に、目が離せなかった。
結末は。これネタバレしちゃうと半減どころじゃないんで。なにしろパンフに帯ついてるくらいなので。ないしょ。
しかし、いやもう身も蓋もなさはスティーヴン・キングの作風そのまんま、だと思う<最近読んでません(汗。
ワタクシ的にはこれテレビとかビデオだと絶っっっ対見通せない種類の映画だと思うんで。やっぱり映画館には行ってみるもんだなあ、と思いました。
そうなんだよ、細かい手がかりを逃すと見えなくなる種類の話だと、うちのテレビはなんといっても画面がちいさい。あと、音もあんまし大きくできない。隣近所があるから。
しかも、いじめられ経験があったりすると、モートの理不尽なおびえっぷりがそのへんの記憶を刺激するわけね(汗。逃げます、たぶん。
金を払ったからには逃げられない(<単に貧乏ともいう)映画館、スクリーンでかいし音もでかい環境は単に非日常というだけでもないなあ、と。思ったのでした。
いやはや、お誘いありがとう、友よ。

(2004.11.17 ワーナーマイカル)

ランゴリアーズ
「シークレット・ウィンドウ」 公式サイト
2004年 アメリカ
監督/脚本:デヴィッド・コープ
主演:ジョニー・デップ
原作:スティーヴン・キング「秘密の窓、秘密の庭」(『ランゴリアーズ』所収)
| 折原偲 | ニュース | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
norry (2004/12/10 7:24 PM)
はじめまして! 同じジョニデテンプレつながりでコメントさせていただいております。 シークレット・ウインドウも観ましたよ。 映画は面白かった〜ジョニデを見に行ったようなものなので、もうけものって感じです。 私もテンプレのデザイン化ほんとにもう少し早かったら良かったのに...とのご意見に一票。 これからはタイムリーにお願いしたいですね。
しのぶ (2004/12/11 12:53 AM)
トラバとコメントありがとうございます。ジョニデファンのかたですね? 来年のお楽しみは「ネバーランド」かな。 「シークレット・ウィンドウ」はまさにジョニデ見に行く映画でしたね。いや彼でないと、いくら映画館でもあの芝居を見続けられなかったな、という気がするんです。 ワタクシ役者さんとして意識したのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」からなんですけど。面白い兄ちゃんやなあ、と思いまして。いや「スリーピー・ホロー」とか観てはいたんですけどね。これからは彼の出演作だからと見に行く作品を選ぶ役者さんになりそうです。
点子 (2004/12/11 1:28 AM)
祝!>ジョニデ・スキン ほんと、ジョニデじゃないとみられない作品だったかもって思います。(でも、ちょりっと、ヴィゴだったらどうだろーって思わなくはない(^_^;)) 作品としては、やっぱり、どうだろーって思っちゃう部分も多々あるんですが、ジョニデをみるって価値があるだけ、すごいよなぁ。 相手役の女優さんが、もうちょっとネームバリューのある人で、がっぷり組んでくれたら、もう少し違った気もするんだけど……ま、それは贅沢か(^_^;)。 ともあれ、私も一人だったら絶対最後までみられなかったと思うので、感謝なのでございます〜。
しのぶ (2004/12/11 7:36 PM)
いやまあ、ヴィゴは自虐とか自滅とか似合いすぎだし(藁。 以前観た「オーシャン・オブ・ファイアー」とかだと、自分の好きで幻覚見る状況まで追いつめられてるようなシーンがあったさ。 「シークレットウィンドウ」そのものはジョニデのひとり映画っつか。一点豪華主義的な部分はありますな。いやあれ以上怖かったら、どうしたらいいか分からないよ正直(汗。









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/493
シークレット・ウィンドウ/Secret Window
公開年:2004 監督:デヴィッド・コープ 主演:ジョニー・デップ ジャンル:サスペンス、ホラー 鑑賞日:2004/10/27 人に勧める可能性:...
| yuen/mixture | 2004/12/10 12:16 PM |