なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX | main | 身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫 64-1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
とめどなく笑う―イタリア・ルネサンス美術における機知と滑稽
 なぜカバーアート画像がモノクロなのだろうか(汗。
 ばっちり、カラーで、電車で読みにくいくらい鮮やかなはずなのに(笑。

 イタリア・ルネサンスとサブタイトルにはあるが、正確にはルネサンス以降と言うべきだろう。過剰な人間性、過剰な象徴性に、容赦ない機知と笑いの仕掛けを見いだすこの本の情報量と言ったら、圧倒されてしまう。
 まあなんというか、美術の象徴解釈はおおむね、しかつめらしい、智と愛(順番も重要(笑))に基づく哲学的解釈だったわけだが。そんなんばっかりじゃないでしょう、もっとニヤリと意地悪い笑いを漏らしたり、ギャハハと哄笑するような要素もあるんだよ、ということなのだが。

 たとえば、瞥見して「……こんなのが当時かっこよかったの? マジ?」なんて思う絵もあるわけですが。その全てがマジというか価値観の差なのでなく、英雄を茶化すモック・ヒロイックな表現も当然あっただろう、というもの。
 異教の神々の図像には、人文主義的な人間性尊重と宗教的な寛容の象徴という意味合いだけでなく、そそられる裸絵を美しく飾る口実に使われたりもしたわけで。ボッティチェリの「ウェヌスとマルス」(ロンドン、ナショナルギャラリー蔵)なんかの、豊穣的解釈と、哲学的な解釈の対比がなんというか可笑しいのである。

 ええ、もう、笑えます。
 ただ現代人の感覚だと、こう、ユーモア感覚が洗練される前の時代の感覚が反映されてるので、楽しいばかりではありません。まあガルガンチュワとか、そのへんから思い当たるフシはあると思うけど。

 日本語で読めるのはたいへん喜ばしいことなのだが、惜しむらくは絵が白黒であること。これカラー図版にしたら、価格的に桁が違うと思うので、しょうがないっちゃ、しょうがないんですが。マイナーな絵が多いので、せめてカラー図版の画集で見たいと思ってもなかなか思うに任せないと思うんだな。そこで星1つ減でした。

 夏に西洋美術館で開催された「パルマ展」に絡めると、またおもしろいと思うんだけどね。図録買い損ねたし、その話はまたいずれ。
| 折原偲 | 美術 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/644