なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 赤い星 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) | main | 花芒ノ海―居眠り磐音江戸双紙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
秋アニメその後。
「ガンダムダブルオー セカンドシーズン」
 あいかわらずだのう……。いや、一期と比べてってことですよ。
 現実に行われていることを、自分はしない、というサジの選択は。個人の意志によってなされたのなら、尊重されるべきだと思う。場合によっては、相当に勇気のいることだ。
 しかし同時に、そりゃ解決にはならんじゃないかね、と思ってしまうワケよ。大筋になる話の柱を期待して見ている側としては。
 どうにもならない、出口なしの状態に、ガンダムを持ち込んでみたところで、どうにもなりませんでした、という第一期の繰り返しになるのか。そうではなく、予想外のブレイクスルーそしてカタルシスを持ってこられるよう五年後を作り込んでいくのか。
 自分としては、繰り返しにならないことを祈るわけですが、のぞみうす、かもなあ。シリーズとしての指向性もそっちっぽいし。

 いや、気に入ったキャラが出てきて活躍するってだけで、見ることは見るんですけどね

「夜桜四重奏」
 広義の退魔物、かな。
 ツンデレ町長、ふりまわされる相談所所長の絡みを主な彩りに、世界やいざこざを見せていく話、なのかな。原作は少年漫画だし、アニメも深夜枠とはいえ原作読者層を意識したつくりに見えるので、いろいろな要素がいかにも分かりやすいのは当たり前として。退魔物である、という以上の大ネタはあるのかなあ。どうかなあ。

「喰霊―零―」
 CGモンスターただし霊体で不可視なのだが物理的な力を及ぼす(ボコッたり燃やしたりできる)存在をやっつけようとする集団ヒーローものなのかなと思ったらみんな殺されちゃうし(^-^;。
 「喰霊」って漫画があって、その話が始まる前のエピソードだから「零」なのらしい。連載漫画のファン向けに作られてるとすれば、設定とかさっぱり解らないのはそういうものかと思えるが。
 アクションはかっこいいし、話の舞台なども面白いのだが。皆殺しなのだ(^-^;。これからどうなるんでしょうね。

「鉄のラインバレル」
 いつか正義の味方になれる日が来ると信じる少年のもとに、天空から巨大な機械が降下する。裸の少女とともにw。
 シシュンキのもやもや、劣等感、様々な考えなしの言動のもたらす行き違いが話の主筋だと、青少年男子には感情移入しやすいんだろうが。年取ったなあとか思ってるようじゃ、精神的にも範囲外確定ってことだな(笑。
 作画だけで追いかけられるかっていうと……CGメカ絵や動きはさすがにいいなあとおもうんだけど。キャラクターの、頬に陰影の代わりに斜線が入るような鉛筆のタッチを残した主線に平板なアニメ塗りの顔がどうも……ダメっぽい。デフォルメや原画のゆらぎが過ぎて人の顔と見るのが難しいのは、今の絵柄は見慣れてないせいもあるとは思うけどね。
 そんなこんなで、脱落確定(笑。

「黒執事」
 初回挫折。いろいろ、期待と違ってたので。

「とある魔術の禁書目録」「黒塚」は未見。

「伯爵と妖精」は唯一カブっていて、これも未見。

「魍魎の匣」
 カブってたのはこれなんですが。
 なんか月蝕歌劇団ばりの、暗黒少女歌劇世界なんですが、こんな話だっけ?
 原作も戦後混乱期の喋りじゃなかったわけですが、アニメだとますますギャップありまくりで、木場刑事登場まではほぼ倍速とぱしでした。
 しかしまあ絵の勢いってか押しの強さで見せる少女漫画的世界は意外な落としどころかも。書かれるはずの事件はカストリ雑誌的な猟奇というか低俗というか、そういうレベルなんだが、原作の書きようで耽美やや幻想に読めてしまうわけで。それを絵でやるには、閉じた世界観が必要だしね。
 もうちょっと見よう。

「タイタニア」
 えー、まあ、ファンなので。田中芳樹先生というよりか、銀英伝のファンだなあ。
 比較してしまうのはしかたないことと言いつつ、富山敬さんはもういないし<キャラが違います。
 絵は全然もう違う訳で。制作側の乗り気とやる気が伝わってくるので、ちょと楽しみです。
 これで原作の続きが読めれば、いうことないんですがね(笑)。


「ミチコとハッチン」
は未放映。

「天体戦士サンレッド」はニコニコ動画にて最新放映分のみ公開中。いや、これはちょっとなあ(笑。


 けっきょく確定は「タイタニア」「ガンダムダブルオー セカンドシーズン」という、予想通りの結果でした(汗。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 折原偲 | アニメ・コミック | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/678