なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ディー判事 四季屏風殺人事件 (中公文庫) | main | 駆け出し魔法使いとはじまりの本 (創元推理文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
恋のドレスと運命の輪―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー
  あけましておめでとうございます。
 今年もなんとか、読んだ本のメモ程度でも続けていきたいな〜、と、思い出しては書き込む状態になりそうですが。よろしくお願いいたします。

 新年一冊目は『恋のドレスと運命の輪』。シリーズ7作目である。
 読んだのは去年なんだけどキニシナイ(汗。

 5巻で揺れ動いたクリスをしばし慰めるように、6巻『恋のドレスと硝子のドールハウス』と、この7巻では闇のドレスを駆使する謎の女は登場しない。
 かわりに、というか、近代以降のイギリスを舞台にした小説に時々見かける、アメリカ青年が登場する。型破りでタフで、礼儀知らずで。心に決めた目的に突き進んでいく。
 この話のラリーも例外ではない。
 ドレスを頼むサーシアが色々飲み込んでしまう大人の女性であるだけに、話に動きを持たせるには効果的なのだが。そういう役割ばっかりではないところが、この話らしいところだと思われる。

「(略)……昨夜、何かあったのかな」
「そんなのじゃないと思うわ。もともと仲が良かったのよ」
「そのわりには、ちっとも話してなかったけど」
「たくさん話せば通じるというものではないわ」
「……うん」
 ラリーはうなだれていた。サーシアは手を伸ばして、ラリーの手に軽く触れた。

 
『恋のドレスと運命の輪』207ー208p

 クリスの作るドレスに、なにかを引き出されるのは、身にまとうレディばかりではないのであった(笑)。
 そしてサーシアが大人だけに、ひとり抱くやりきれない思いは強い。ラストシーン直前で完成するドレスは幾つもの思いを含んで美しく、繊細でありながら、どこか重かった。 単純な成就では終わっていないのだが、なにがしかラリーに通じるものはあり、幕切れでは、このふたり次第で十分うまくいくだろうと思わせてくれる。

 そして、まじめなふたりらしく、人前では親しい様子もみせないクリスとシャーロックの間柄は、決定的なことは何もなく(笑、物語はふたたび上流階級の社交界にもどっていく暗示で終わるのだ。

 ……続きを、予約しなくては。図書館は5日からだけどね。

JUGEMテーマ:読書


 
| 折原偲 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/724