なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 死者の短剣 惑わし (創元推理文庫) | main | フィニイ128のひみつ (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『ゲド戦記』岩波少年文庫版
評価:
アーシュラ・K. ル=グウィン
岩波書店
¥ 756
(2009-01)

評価:
アーシュラ・K. ル=グウィン
岩波書店
¥ 714
(2009-01)

  児童向けの枠で出版された本でも、大人が楽しめる、というか、ほんとうにいいものは誰が読んでもいいんだと思うが、多少の難点はあるわけで。
 ひとつは価格である。そしてサイズ。
 いやサイズと装丁が先に来るのだろう、子供のための本は字を大きく、丈夫に作らないといけないし、またごく僅かの例外を除いて大人向けの本ほど短期間にたくさん売れるものではないので、単価は高くなってしまう。
 『ゲド戦記』は大人むけの体裁の本も出ていたのだが、なかなか文庫並の価格までは落ちてきてくれなかった。
 やっと、手の届くところに、という感のある少年文庫版が、1月15日に刊行されている。
 とりあえず2冊『影との戦い』『こわれた腕環』と。

 この2冊はなんというか、自我の確立と、自立の物語として、じつに素晴らしいのだ。
 ル=グゥイン作品のなかでもごく初期のもので、文化人類学的な見識が活かされ、単純化された世界の構図が物語を際だたせているのだが。そのあたりに意見のある大人はいると思う。現代では。
 しかし、頭で考えるのを休んで、虚心に物語と向かい合うことができれば、このうえない体験になると思うわけで。
 読んだことのある大人は身の回りの中学生に勧めましょう。
 読書癖のある子なら、小学校高学年から。ふだん本読まない子なら、高校生でも。

 アニメはまったく別のハナシなので、参考になりません。ねんのため。

JUGEMテーマ:読書

| 折原偲 | ファンタジー | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/733