なんでも本棚。

まあちょっと欲しいかなと思った本とか、最近気になってる本とか、いろいろ。
スパム避けにトラバ一定時間拒否しています。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 訃報 モーリス・ドリュオン氏 | main | 『歳月の鉛』あるいはTweets。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
訃報】栗本薫さん
評価:
中島 梓
光風社出版
---
(1992-08)
コメント:さまざまな伝説と、多くの作家たちを輩出した投稿塾の書籍版。

評価:
中島 梓
筑摩書房
---
(1995-12)
コメント:先駆的な「おたく」研究の書。

 栗本薫さんが亡くなられた。56才だったそうだ。→訃報ドットコム
 はやすぎる。

 グインのアニメを見て、なつかしいな〜、とか言ってたころには入院されていたんだそうで。新刊を書店で手に取らなくなって久しかったので、あとがきに闘病が記されていたことも知りませんでした。

 しかし、わたしのファンタジー熱の始まりは、辺境編とともにありました。
 学校の帰り、もちろん制服で、SFマガジンを立ち読みしたときのことは、今も忘れません。

 作風には変遷があるし、年を取りわたしの読書傾向も変わってしまい、グインやミステリからはすっかり遠ざかっていましたが。いまでも『絃の聖域』は忘れられません。『仮面舞踏会』のおどろきも。

 そして、中島梓名義の『小説道場』から受けた恩恵こそ、はかり知れないものでした。
 あの人も、この人も、「JUNE」の「小説道場」がなければ、プロになっていなかったかもしれない。なっていたとしても、こんなふうには書く人にはならなかったかもしれない。
 ご著書の『コミュニケーション不全症候群』『タナトスの子ら』は、自分がそういうものを読みたい気持ちの拠り所でもありました。

 ありがとうございました、先生。
 教えていただいたことはないのですが、今だけ、呼ばせていただきます。
 どうぞ、やすらかにお眠りください。

JUGEMテーマ:ニュース

| 折原偲 | ニュース | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
月ノヒカリ (2009/08/09 6:50 PM)
初めまして。
栗本薫を検索していてこちらにたどり着きました。
私も十代の頃、栗本薫に多大な影響を受けた一人です。
つい先日自分のブログで、『小説道場』『コミュニケーション不全症候群』のレビューを書いたので、よろしければ遊びにきてください!
http://newmoon555.jugem.jp/?eid=19
http://newmoon555.jugem.jp/?eid=22
(2009/08/13 2:18 PM)
初めまして。コメントありがとうございます。
このエントリの番外編は別のブログというか、Tumblrの↓このあたりに感想を書きましたので、よろしかったらごらんください。
「JUNEが死んだ日-となりの801ちゃん」に寄せて
 http://booksinflood.tumblr.com/post/113664568/june-801
「これからも多くの読者の心に生き続けると思います」
  ――お別れ会での田中芳樹先生の弔辞に寄せて。
 http://booksinflood.tumblr.com/post/145873926

リンク返しってなかなかわびしいものでしょう?(笑)
ほどほどにね。









url: http://henneth-annun.jugem.jp/trackback/740